株式会社 立誠社/経営理念・ビジョン

「大正12年創業 信頼と責任を胸に、時代の変化に挑戦」

駅中

創業は大正12年。当初は風呂敷や足袋、荷札などを駅で販売していました。その後、鉄道の地図から紙袋やティッシュ、寝台車用の枕などの生活用品へと商品が移り変っていき、新幹線開通当時にはブリキの汽車にお菓子をつけてキヨスクで販売したところ、飛ぶように売れたのです。それからは駅ごとの特徴を出した玩具や雑貨に力を入れ、現在ではご当地限定のキャラクターグッズが主力商品となっています。

キヨスク

「駅が変われば商品も変わる」を常に念頭に置き、時代と共に取り扱う商材も変えていったのです。 こうした歴史を通じ、私たちが大切にし続けてきたこと。それは時代の流れを常に先取りしてゆく感性を育み、「売れる商品を、売れる売場に」という考え方です。

株式会社 立誠社/経営理念・ビジョン

「希望の商品が無ければ“つくる”(商品化)を信念に活動」

株式会社 立誠社/取扱商品

経営理念「 顧客第一主義 」のもと、お客様のご要望を常に第一に考え、お客様がご希望される商品が無ければ「つくる」(商品化)を信念に活動しています。私たちは長い歴史から学んだ経験を活かし、また新しいものを取り入れ前進し、お客様のご要望にお応えする魅力あふれる企画・開発を行い、商品を提供していきます。

株式会社 立誠社/経営理念・ビジョン

「地域社会から信頼される企業を目指して」

道頓堀

地域に根ざした企業活動を通じて地域の活性化に貢献し、その活動を通じて豊かな文化社会づくりに取り組んでいきます。商品の企画・開発に関しても、各地域の文化を学び「文化を語れる商品づくり」にも取り組んでいきます。地域社会と調和のある成長を目指していきます。

株式会社 立誠社/経営理念・ビジョン